医療法人社団やまと やまと診療所武蔵小杉

〒211-0011

神奈川県川崎市中原区下沼部1760

044-431-8150

FAX 044-431-8151


やまとについて

TOP | やまとについて |

「その人らしく生きる」を
支える医療を

私たちは、一人ひとりの患者様が最期まで「その人らしく生きる」ことを支えていきます。そのためにも、私たちの仕事は、まず患者様とご家族のお話をじっくりと伺う所から始まります。そして、地域の方々が希望する環境で希望する医療を受け、「その人らしく生きる」ことができ、安心して暮らせる地域をつくっていくことを目指しています。

やまとの取り組み

全員参加型の医療
「Open Medical Community(OMC)」

患者様ご本人、ご家族、地域の医療介護に関わる方々のみならず、 同じ地域に住まう人々や行政なども巻きこみ皆で考えて取り組む、 「Open Medical Community(オープンメディカルコミュニティ:OMC)」 と名付けた全員参加型の医療活動をしています。

私たちが目指す癌サポート、
地域緩和ケアとは

『がんにおける緩和ケア』と聞いてどのような事を連想されるでしょうか?がんは、日本人の死因で最も多い病気です。現在、2人に1人が、がんに罹患する時代となり、がんと診断された後、どのような治療を選択し、どのように療養し日常生活を自分らしく続けていくか、またそのためにはどんなサポートが必要か、多くの方がそのような問題や不安を抱えるようになりました。自分が癌になったら、家族や大切な人が苦しんでいたら?病院の選択から治療、生活のすべてに最善の選択をしたいと願うでしょう。がん患者さんは、がん自体の痛み、その他転移による症状、全身倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみ、不安などの精神的な苦痛も経験します。「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。私たちは最善の選択を提案し患者さんに伴奏するサポーターでありたいと思っております。当院でのアンケートでも以下のような課題がありました。

Q:病気になって生活や仕事でどのような気がかりがありますか?(癌患者さま、ご家族アンケートより)

  1. ・がんの病状がどのような経過をたどるのか気になる。
  2. ・仕事をしたいが、どのくらい体を動かしていいのか知りたい。
  3. ・抗癌剤を使用していて食欲がなくなって痩せてきている。
  4. ・がんをどのように受け止めていいか葛藤がある。
  5. ・お金や家族のことが気になる。

(診療&活動内容)

私達の訪問診療では上記アンケート結果を含め、治療が困難になった終末期の患者様だけではなく、がん治療を積極的に行っている患者様にも早い段階からこれらの身体的、精神的苦痛を和らげることができるように活動支援しております。病院で施される一般的な緩和ケアを早期からご自宅でも行っています。

  1. がん診断後の早い段階から終末期まで身体的苦痛だけでなく、精神的苦痛、社会的苦痛、スピリチュアルな苦痛等 の緩和を治療と並行して行うことで患者様とご家族がより健康的に生活するために診療時傾聴し現状の説明と今後の方向性について話し合いができる時間を大切にしています。

    診療
  2. 患者さんのQOL(Quality of Life: 生活の質) の維持向上を目的とし、最後までその人らしく生きるために必要な生活面での栄養、運動、睡眠、ストレスを積極的にケアします。

    食事
  3. 患者さんの抱える困難にチームアプローチするため連携を重視しています。当院医師、看護師、栄養士を含めたチームで診療を行い、さらには週1回定期的に地域の医療者、介護者で緩和ケア勉強会を行っています。(勉強会内容はお知らせにて紹介)

    地域勉強会