痛みが長引くことは辛いと思います。今日は、「そのような痛みに対して、音楽療法は効果があるのか」の調査結果をご紹介します。

この調査を行ったのは、メキシコの研究班でした。過去に行われた音楽療法に関する14件の研究をもとに、改めて調査を行っています。

研究班が利用した14件の研究は、がんや線維筋痛症、過敏性腸症候群、変形性関節症、多発性硬化症などの疾患を持った患者さんを対象に行われていました。今あげたような疾患により慢性的な痛みがある患者さんを、音楽療法を使ったグループと、使わなかったグループに分けて比較。結果は、音楽療法を使ったグループのほうが、慢性的な痛みが軽くなっていたことが分かりました。

ちなみに、不安症状やうつ症状に対する音楽療法の効果を報告した研究も4件ありました。これらの症状でも、音楽療法を受けたグループのほうが慢性的な痛みの症状が軽くなっていたそうです。

もちろん、痛みの程度は人それぞれですし、疾患の程度も人によって異なりますが、一度試してみるのもいいかもしれません。ただし今日ご紹介した調査結果は、音楽によって慢性的な痛みが完全に治ることを示したものではありません。もし慢性的な痛みが辛い方は、まずは主治医に相談してみてくださいね。

Music-Induced Analgesia in Chronic Pain Conditions: A Systematic Review and Meta-Analysis.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29149141